中古の自動車を売り払う場合の手順に関わることを、このページで可能な限り把握しておきましょう

使用済みの車を売りはらう際の方法には下取り、そして買い取りが御座いますよね。下取の場合は次の中古車を買う時、今迄お乗りの中古車を買取していただくというものです。だいたい販売会社が引き取りを行うため値段はどっちかといえば低価格になるケースが多いです。

一方で買い取りの場合にはマイカー買取専業店が行っており、不要車として売ることを前提として買受額を決めるため、意外と高値での引き取りが望めます。何れにしても使用した自動車を売る事であり、売却をする前に買上プライスを決めるための値踏みが行われることとなります。

値踏みをお願いするケースで気になるのがリサイクル料です。古い自動車の見積りで示されるプライスというのは自家用車それ自体の金額、車に附随するリサイクル料や自賠責保険というものを含んだ価格の2つの種類が御座います。リサイクル料については使った自動車をゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未納のケースでは車検を受けた際に支払われるもので、将来、クルマを廃車にして処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルするためのコストとして使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する場合自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

料金はだいたい、軽なら約8千円、普通車で10000円くらい、外国製自動車等で1万5千円程、それとは別に2万円位をいれる必要性があったりもします。大概の使用した車引き受けでは、そういった「リサイクル料」を中古の車の買い上げ値段とは他として引取りされるというようなこととなるわけですが、リサイクルの料金を含めて引き取りプライスとしているケースもあり、買取をお願いするケースでは事前にチェックしておくことが肝心です。