ユーズドカーを売りはらう際の進め方にかかわることを、このへんでしっかりと確認しておきましょう

中古車を売りはらう際の進め方といえば買取、そして下取がありますね。下取りのケースは新しい自家用車をゲットする代わりに今までのお車を買い取って貰うというものです。大体取扱店が引取りをおこないますので売値はやや低めに見られることが多いです。

他方、買取りの場合には中古車買い取り専業店がしているもので、中古の自動車として販売する事を予定して引き受けの金額を決定するため、結構高めの買い取りが望めるでしょう。いずれにしろマイカーを引き受けてもらうことであり、売る前に買い受け価格を決定するための値踏みがおこなわれることとなります。

値踏みを依頼するとして気に掛かるのはリサイクル料です。使った車の値踏みで出される額というのは自分のくるまのそれ自体のプライス、中古車についてくるリサイクル料や自賠責保険等々含めたお値段の2つの種類が存在します。リサイクル料についてはそのクルマを手に入れたさい、又は「リサイクル料」が未納の場合ですと車検のさいに支払われるもので、今後マイカーを廃車にして解体する場合に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルするときの代金として使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう場合にJARSから支払されるということになります。

コストは、軽自動車だと8千円程、国産車で1万円ほど、外国製自動車の場合1.5万円くらい、その他で2万円くらいを入金する必要があったりもします。多くの使用ずみの自動車買取りだと、そうしたリサイクル料金を使用済みの車の引き取り価格とは別で引き取られるという事になりますが、リサイクルの料金を含めて買取り値段としてるケースも有り、買い取りを頼む際に事前に確認しておくということが必要です。